高い年収とリストラの不安

外資系ITコンサルの年収はIT業界の中でも高収入な部類である。それに、外資系企業は成果主義でリストラや降格が普通にあり、福利厚生がないか薄いという反面とても年収が高いのが特徴だ。外資系ITコンサルも外資系企業なので、年収が高くなっているうえに元々のITコンサルタントも収入は高い方なので更に高くなっている。また、外資系企業はとても人気があるため、特に金融関係では競争が激しく入社するのは困難である。ところが、ITコンサルタントはそれらと比べると比較的入社しやすいというメリットがある。これは、業務内容の知名度が低いため志望者が集まりにくいということが原因だ。このように収入が高く外資系の中では比較的入社しやすいという魅力があるが、当然ながらデメリットとして成果を出せなければリストラや降格が普通にあるので、いつ退職になるかわからないという不安がある。それに会社にもよるが長時間労働が普通という多忙なところもあるので大変な仕事だ。

しかし、メリットも大きくあり、成果を出せれば年齢や性別に関係なく昇格や昇給できるため、意欲が高い人はそれを目指して頑張れるという魅力がある。また、アドバイスするだけではなくシステムを導入するために、設計から開発、テストまでの作業に関わると、業務内容が幅広いという特徴がある。そのために、幅広く知識や技術と経験を得ることが出来るというメリットもある。このように、外資系ITコンサルの年収は高収入ではあるが、成果主義でリストラや降格も普通にあり業務内容も幅広いという大変な仕事である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です