多くの魅力とデメリット

外資系ITコンサルの魅力は、広範な業務経験を積めるので幅広い知識や技術を得られる事だ。また、ITコンサルタントはIT業界の中でも高収入な職業だが、外資系企業だとそれが更に上る。それに、外資系企業は競争が激しいので内定を取るのはとても難しい。しかし、外資系の中でも人気のある金融関係などと比べて内定が取りやすいというメリットがあるのでそれも魅力の一つだ。これは、ITコンサルタントの業務が何をしているのかよく分からないというのが原因で、あまり志望者が集まらないという理由がある。ITコンサルタントは企業の経営上の課題を一緒に解決するという仕事である。ただのアドバイザーではなくてシステム導入のためにシステム開発を行い、設計からテストまでの幅広い作業に関わるという特徴がある。もちろん、一人で何から何までやるのではなくて、様々なプロフェッショナルとチームを組んで行うのだ。このような働き方なので他のプロフェッショナルの仕事を一緒に働き間近で見ることもできるということも魅力である。

もちろん、メリットばかりではなくてデメリットとして成果主義なのでリストラや降格が普通にある。しかし、成果を出せれば年齢や性別に関係なく昇格や昇給できるというメリットもあるのだ。このように、外資系ITコンサルの魅力は業務内容が幅広いので知識や技術、経験を得ることが出来て外資系企業の中では比較的入社しやすいという魅力がある。そして、デメリットもあるものの意欲が特に高い人なら、年齢や性別に関係なく昇格や昇給できるというのは大きな魅力だ。外資系ITコンサルはこのような特徴と魅力がある職業である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です